バスロッド解説


[パワー]
パワーとはロッドの硬さで投げられるルアー重量の目安。つまりパワーのあるロッドは、より重いルアーを投げられビッグバスに対応できる。柔らかい方から UL(ウルトラライト)、L(ライト)、ML(ミディアムライト)、M(ミディアム)、MH(ミディアムヘビー)、H(ヘビー)。

[アクション]
アクションとはロッドの曲がり具合を指す。画像上からファーストテーパー、ミディアム(レギュラー)テーパー、スローテーパー、パラボリックと呼ぶ。ファーストテーパーは先調子のロッドで感度はいいけどロングキャストがしずらい。ワーム釣りに適す。ミディアムテーパーはオールマイティー的なアクション。スローテーパーはファーストムービング系やトップウォーター系に適す。パラボリックは主にトップのみとなる。

[素材]
グラスファイバー、カーボン、ボロンが一般的なロッド素材。グラスはカーボンに比べ強度がある。カーボンロッドはカーボン含有率が高ければ高いほど高価。ボロンは強度、硬度ともカーボンより優れるが高価で重くなるのが弱点。
「乗りのグラスと感度のカーボン」と言われ例えばシャローでの速い釣り(スピナベなど)ではグラス+PEラインが適す。アシなどのヘビーカバーではカーボン+ナイロンラインが適す。

[ガイド]
SICは安価なセラミック素材で製造できるため現在の釣り用ガイドの主流。そしてSICより衝撃に強く放熱性が高く高価なのがゴールドサーメット。しかしバス釣りではSICもゴールドサーメットも大差なし。ゴールドサーメットは海の大型魚などラインとガイドに高い摩擦熱が発生する釣りに適す。

ロッドランキング

back | home
©FUNBASS